Hawaii Business Magazine - The Best of Small Business 2020

ハワイ ビジネス マガジン - ベスト オブ 中小企業 2020

今年の若手起業家:
アラナ・ペナロザ

タグアロハ株式会社
スポンサー: エミリー・ラティマー、ロイヒ・コンサルティング

Alana Penaroza 氏は Tag Aloha Co. を共同設立しました。 2013 年にハワイの文化とライフスタイルを共有するために設立されました。

彼女とビジネス パートナーの AJ ホワイトの最初の製品はスクリーン プリントのシャツでしたが、現在このブランドはビーチ バッグで知られており、ホールフーズ ハワイの店舗で見つけることができます。

「最終的に私たちのバッグがビジネスの中心となり、数か月ごとにスタイルやデザインを追加していきました」と32歳の彼は電子メールで書いている。 「私たちは、共同ブランドのタオル、バックパック、ビーチバムバッグ(クラシックなファニーパックの名前)、キーチェーン、タオル、クラッチ、ステッカー、エプロン、マグカップにまで拡大しました。現在では、ホールフーズ ハワイだけでも約 100 品目を取り揃えており、カリフォルニアとラスベガスのホールフーズ店舗にも拡大しました。」

タグ・アロハのバッグは、インドで栽培・製造された持続可能なオーガニックコットンで作られている、と彼女は書いている。 2019年、カイルアのビジネスはフェアトレード認証を取得しました。これは、同社の製品が倫理的に調達され、公正な賃金を支払われ、住みやすい時間で働く労働者によって作られていることを示しています。

「この認証により、当社は持続可能性と世界中の労働者の権利保護に関する価値観を顧客と共有することができ、顧客は世界にプラスの影響を与える製品を安心して購入できるようになりました」とペナロザ氏は書いている。

彼女は、Tag Aloha が 5 人を雇用し、倉庫を借りてハワイでいくつかのバッグを印刷していると付け加えました。

「メイド・イン・ハワイの公式(ここで事業を運営すること、ここで人を雇用すること、ここで倉庫を借りること、ここで事業を運営することなどが含まれる)によれば、控えめに見ても56%がハワイで作られている」とペナロザ氏は書いている。

2019年、タグ・アロハは新たに11の地元小売店に拡大し、大阪​​の阪急ハワイフェアとホノルルのメイド・イン・ハワイ・フェスティバルに初めて参加しました。

ロイヒ・コンサルティングの創設者エミリー・ラティマー氏は、ペナロザ氏がタグ・アロハの非営利活動に貢献してきたと語る。 2019 年、タグ アロハは利益の一部をオアフ サーフライダー財団に寄付し始めました。同社は今年、障害のある人々とその家族にアクセス可能なビーチと水のプログラムを提供する非営利団体、AccessSurfにも寄付する予定だ。

「彼女はとにかくやり手です。彼女はとてもエネルギーがあり、とても積極的で、営業の役割や自分のビジネスを主張することにとても慣れています」とラティマー氏は言います。 「しかし、特にここ1年で私がはっきりと目にしたのは、彼女がビジネスリーダーであること、そしてそのアイデンティティを本当に所有していることに自信を深めているということです。」

による ノエル・フジイ・オリデ


コメントを残す

コメントは公開される前に承認される必要があることに注意してください

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。