カート
あなたのカートは現在空です。

通貨

送料無料49ドル以上のご注文の場合
Made in Hawaii Festival returns, with a new set of challenges (and opportunities)

メイド・イン・ハワイ・フェスティバルが新たな挑戦(と機会)とともに帰ってくる

公開日: 2021 年 11 月 11 日午後 10 時 03 分 (アメリカ時間)
 

ホノルル (HawaiiNewsNow) - メイド・イン・ハワイ・フェスティバルが、パンデミックによる一年の休業を経て再開されました。一部の人にとって、このフレーズは今ではより深い意味を持っています。

パンデミックはハワイが世界の他の国々に依存していることを浮き彫りにしたものの、人々がより自給自足するよう促した可能性がある。

また、このフェスティバルは、パンデミックの継続やその他の経済的ストレスにより、継続的な課題が発生している時期に開催されます。

これにはサプライチェーンの世界的な減速も含まれます。

「私たちは通販と店舗での受け取りを多く行っています」と買い物客の比嘉エミリーさんは語った。

「人々は、オンラインや本土から何かを注文した場合、間に合わないのではないかと非常に心配しているため、ホリデーシーズンの買い物をすべてここで済ませたいと考えているのです」とフェスティバルの広報担当オレナ・ヒュー氏は語った。

それは消費者だけではありません。販売業者はまた、製品の原材料を入手するという課題にも直面しています。

「シャツの丈は在庫があるときに購入する必要があります。その時に購入しないと手に入らないか、手に入れるまでに何週間も費やさなければならないからです。 」と語るのは、さまざまなデザインのTシャツを展開するHiLife 808のポール・ヒガシさん。

メイド・イン・ハワイ・フェスティバルという名前自体は、人々に地元で買い物をしてもらうための簡単な売り文句です。

「海外の人から商品を購入する場合、それは現地の誰にも実際には利益をもたらさず、環境への損耗にもつながります」とヒュー氏は言う。

「私たちは以前は主に観光業に重点を置いていましたが、今はここのオハナ、つまりハワイに住んでいる人々、ここに住んでいる人々が望むものを作ることに焦点を当てています」とタグ・アロハ・カンパニーのアラナ・ペナロサ氏は語った。トートバッグなどを販売していたカイルアの。

このフェスティバルは日曜日までアラモアナセンターで開催されます。


コメントを残す

コメントは公開される前に承認される必要があることに注意してください

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


メイド・イン・ハワイ・フェスティバルが新たな挑戦(と機会)とともに帰ってくる
{"statementLink":"","footerHtml":"","hideMobile":false,"hideTrigger":false,"disableBgProcess":false,"language":"en","position":"right","leadColor":"#bd6a4f","triggerColor":"#bd6a4f","triggerRadius":"50%","triggerPositionX":"right","triggerPositionY":"bottom","triggerIcon":"people","triggerSize":"small","triggerOffsetX":20,"triggerOffsetY":20,"mobile":{"triggerSize":"small","triggerPositionX":"right","triggerPositionY":"bottom","triggerOffsetX":10,"triggerOffsetY":10,"triggerRadius":"50%"}}